漫画

鬼滅の刃とキングダムの共通点とは?

そもそも『キングダム』と『鬼滅の刃』とはなんぞや???

それは、少年漫画のことです。

どちらも漫画読者なら必ず耳にするであろう現在の漫画二大巨頭と化しています。

まずは、簡単にそれぞれの漫画について説明してみます。

鬼滅の刃

舞台は、大正日本。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変した。 唯一生き残ったが凶暴な鬼に変異した妹・禰豆子を元に戻す為、また家族を殺した鬼を討つ為、2人は旅立つ。鬼才が贈る、血風剣戟冒険譚!(from 週刊少年ジャンプ公式サイトより)

って書いてあるけど、この文章じゃーストーリーがよーわからん。そもそもこれ→『血風剣戟冒険譚』 なんて読みか読み仮名が欲しいわ!!って思ったくらいです。(読みの正解は、けっぷうけんげきぼうけんだん)

でも、短い文章で纏めろって言われると上記の表現は非常に正しい表現方法です。

超簡単に説明してしまうと鬼退治というテーマを元に人間ドラマが描かれている漫画です。

もっと説明したいところではありますが説明するとネタバレになるのでネタバレせずに説明するってのは中々難しいもんです。鬼滅の刃の概要はこれぐらいにします。

キングダム

時は紀元前、春秋戦国時代。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は500年もの動乱期。
戦国七雄の一つ「秦国」の身寄りのない少年・信と漂は、今は 奴隷のような身なれど、いつか武功をあげて天下一の将軍になることを夢見て修行に励む。そんな二人が偶然、秦国の大臣に出会ったことから運命の歯車が動き出す!(from週刊ヤングジャンプ公式サイトより)

キングダムは、実話を元に創作されている漫画なので歴史に詳しい場合、想像しやすいストーリーです。要は、秦の王様が秦の始皇帝になるまでのお話です。主人公は、王様ではなくて中華統一に貢献した一人の下僕の話です。

超簡単に説明すると春秋戦国時代の戦から中華統一に至るまでの様々な物語を描く漫画です。

私、個人の意見としては、キングダムの方が好きだったのでこちらにかける思いが強くあります。なので、この漫画の魅力をもっと書きたいけどネタバレはいけないのでキングダムの概要もこれぐらいにします。

キングダム漫画購入こちらからです。

『1』どちらもアニメ化

では、早速ですがこの二つの共通点についてお話をしていきます。先ずは、どちらもアニメ化されています。鬼滅の刃は、アニメからファンになった層が多いです。具体的なアンケートグラフによってそのことも証明されています。気になる方は、下記のリンクを参照してください。

キングダムに関しては、アニメから人気が出たというより漫画面白くて人気が出たといった方が正確な表現です。キングダムのアニメは、微妙という声もちらほら上がっています。

鬼滅の刃のアニメは、完成度が非常に高いのでおすすめですよ。

アマゾンプライムビデオで視聴できるので気軽に観てください。

『2』連載始めはどちらも不人気

キングダムに関しては、連載当初は全く人気が出ず、アンケートで最下位を記録することがありました。鬼滅の刃も連載当初はランキング下位に位置していてどちらも打ち切りの危機を経験しています。

『3』どちらの漫画も5巻ぐらいから次が読みたくなる

これに関しては、完全に個人の見解を通しての話になりますが『キングダム』と『鬼滅の刃』が世間的な人気が出て私は、どちらも読み始めることにしました。

キングダム

キングダムを1-3巻まで読んでふーん、そーかぐらいの印象でした。まー次もなんとなく気になるから読んでみよかなーぐらいの気持ちで読んでいくと五巻ぐらいから何か盛り上がってきた!!!

うーん、先が気になる、興奮してきたってなってきました。

そして、11-16巻の王毅編を読んで完全に夢中になっていました。

それからあっという間に最新刊まで読み進めてしまいました。

鬼滅の刃

鬼滅の刃を1-3巻読んで思ったことは、何でこんなに人気があるんだ????全然先を読もうと思わない。なんで世間ではこんなに人気があるんだ、、、、、謎過ぎると思いました。そして、近所の漫画屋の店主に『なんでこんなにこの漫画人気あるんですか?』って質問をしてしまったぐらいです。

そうすると鬼滅の刃に関しては、5-6巻ぐらいから面白くなるから頑張ってそこまで読んでみてって言われたので渋々4-6巻を借りて読みました。6巻まで読み終えてあーやっとなんか次が読みたくなったなーといった感覚でした。なんとなくで結局20巻まで読んでいきました。

鬼滅の刃が人気の理由は、女性層から支持が多いんじゃないかなーって推測されます。先に紹介したアンケート調査リンクにも女性ファンが多いことが明白であります。私の個人的な印象としては、『鬼滅の刃』と『鋼の錬金術師』はちょっと似ているなーって思いました。ストーリーは、全然違うんですけど、どちらも女性受けが良さそうな気がします。

内面的(感情)描写が多くそういったところが女性に響くのかなーって思います。

『4』魅力的なキャラクターが多い

これは、どちらの漫画に対しても言えることでキングダムの場合は、

敵の大将軍や副官、将が最高にかっこいいです。私は、李牧大好きです。

鬼滅の刃への思いは、そんなに強くない私ですが鬼滅ファンからすると心を打つようなキャラクターがいっぱいだと推測されます。鬼滅の刃のキャラたち(特に強い鬼)は、儚い人生だなーって印象を受けますしアニメ大好きな人からはコスプレをしたくなるようなキャラクターが多いのも人気の一つかと思われます。

『5』どちらも映画化

キングダムは、実写版にて映画化されています。

ファンからも漫画に忠実でそこそこ良い評価を得ています。

キングダム実写版映画はこちらからです。

鬼滅の刃に関しては、爆発的なヒットですね。

もう色々と説明する必要がないぐらいに社会現象になって凄い人気ですね。

鬼滅の刃を読んだことない、アニメ見たこともない人たちが

映画を観て泣いたとか再度映画館に視聴しに行った等

かなり心を打ちぬく最高の出来栄えですね。私も観に行ってみなくては、、、、笑

まとめ

なんでこんな共通点をあげようかなーって思ったかというとキングダムを(最初の数巻)読んだ時と鬼滅の刃を読んだ時になんでこんなに流行ってるだろーって思って同じ巻数ぐらいでどんどん盛り上がっていてなんか共通点があるのかなーって調べていくと意外に共通点があってビックリしたので書いてみました。

最後に思ったことは、最初はダメでも諦めずに続けることでファンが付きファンと共に成長して素晴らしいものが創作されるのかなーって思いました。

 

おわり

 

 

 

 

-漫画
-, , , , ,

© 2021 サミーのブログ Powered by AFFINGER5