不動産投資

俺の全財産をぶちまけると属性の話に行き着く

属性

不動産投資だー!!!意気込んでよっしゃー!家賃収入で稼ぐぞー!!!

物件を二~三件ゲットするぞー!!って少し不動産投資を勉強した人なら誰しもが思います。

そして、属性という厳しい現実を知ることになります。

属性ってのは、

  • 今すぐ使えるお金はいくらあるの?(頭金)
  • 去年と一昨年の源泉徴収票は400万円超えてるの?(融資可能最低ライン)
  • ローンとか借り入れってあるの?(個人信用情報機関問題)

の三つが大きく関係してくると思います。

頭金

アパートやマンションの一棟購入をしようとすると何千万円という金額です。

そんな貯蓄があるサラリーマンは普通はいません。

なので、銀行融資(お金を借りる)を使って物件購入することになります。

そして、昨今の情勢は、頭金を1-3割ぐらい払わないと融資してくれないのです。

200行(銀行)ぐらいアポイント取れば一つぐらいフルローンが出るかもしれませんけどね。

現実は、頭金がかかると思っておいた方がいいですね。

例 5000万円のマンション購入希望 頭金一割なら500万 二割なら1000万円の要自己資金

こんなことになります。

なので、貯蓄がない人は、まず銀行が全然相手をしてくれません。

でも、あきらめないで

融資可能最低年収ライン

昔は、フルローンでバンバン降りてたんです。しかも、年収が低くてもです。

なんでこれは降りなくなったかというと【かぼちゃの馬車問題】によって降りなくなりました。

詳しくは下記のリンクをお読みください

https://realestate-sale.link/pumpkin-incident/

この事件の所為で年収が低い人に全然融資が降りなくなってしまったのです。

ふざけんなー!!!!(心の声)

なので、銀行融資を下ろそうと思ったら源泉徴収票の年収が最低400万円越えしておきましょう。

最低ラインの年収に達してない人への言葉を送ります。

でも、あきらめないで

個人信用情報機関問題

これは、過去にクレジットカードの滞納だったりローンをどれくらい組んでるのか

めっちゃくっちゃ銀行に調べられます。

そんなことなんで分かるの?って思った方に説明しましょう。

日本には個人信用情報機関というものがあります。下記三つです。

  • 「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」
  • 「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」
  • 「株式会社日本信用情報機構(JICC)」

上記のサイトに問い合わせば、自分の信用がどれくらいのものか?直ぐに分かります。

万が一、滞納とかしてたりするとその情報がなんと五年間も残ってしまいます。

そーなるとどうなるのか?

一度でも信用情報に「異動」(やらかすと異動の表示が出る)が記載されると、

最低でも5年の長期間にわたって

新たな借入れが難しくなるため、返済の遅れには細心の注意を払いましょう。

参考程度に返済をちゃんとしてないとどんなもんがくるのか例の葉書をお見せしましょう。

個人信用情報機関の葉書
個人信用情報機関の葉書

自分の信用情報を確認したかったら試しに下記のリンクから調べてください。有料です。☟

https://www.cic.co.jp/mydata/index.html

いわゆるブラックリストに入ってしまっている人に一言

でも、あきらめないで

締め

今日は、住宅展示場に行ってきました。

注文住宅ってのは、土地抜きの建物だけで3000-4000万円することが知れました。

現実は厳しいものでした(笑)

現実に打ちひしがれた俺は、カワイ楽器店に行って憧れのピアノ

SHIGERU KAWAIの7と5と3と2を試弾してやりました。

値段のことを考えるとやっぱり3でしょうねって思いました。

いくらか?って教えてあげますよ。

🔥これが金額だ!!!!!🔥

SHIGERU KAWAI SK-3

お わ り

追伸:キャッチ画像は、今財布の中に入っていた全財産です。

-不動産投資

© 2021 サミーのブログ Powered by AFFINGER5