お金の話

ビットコインの高騰要因は?今後無くなるのか・将来性についても考察

ビットコインの凄さ

ビットコインは、大暴落する!

そういう話を聞いたことがありますか?

大暴落するかどうかの未来の話は誰にも分かりません。

過去の歴史からビットコインを正しく観察してみてはいかがでしょうか?

先ずは、私の保有しているビットコインの凄い資産推移を共有しましょう

これは、2021/1/1-1/13日の僅かな期間の話ですよ!

暗号通貨資産推移

なんもせずにお金を入れとくだけで100万円も稼げることなんてありますか?

しかも、日数は、たったの13日間です。

追記:1ビットコインの価格は、530万まで上がってますよー(2/17/2021)

なので、この話を日本人の皆さんにしておきたいのです。

そもそもビットコインとは

ビットコインとは、

暗号通貨または仮想通貨のことです。

暗号通貨???仮想通貨???そんなこと聞いてもよー分からん。

はい、その疑問に答えます✋

暗号通貨は、簡単に言うと『不正や偽造が困難な技術を用いて発行された通貨』です。

仮想通貨は、暗号通貨とほぼ一緒の意味です。日本では、仮想通貨のが一般化しているだけです。

『暗号通貨』と『仮想通貨』の違いは、『パパ』と『お父さん』の違いと認識しておきましょう。

現金との違い

現金と暗号通貨の違いは、

・現金(円)=物として存在する、触ったり、折りたたんだりできる

・暗号通貨=データとしてしか存在しない

じゃーデータが消えたら終わりじゃんって思うかもしれないけど、

そもそもお金ってみんなの共同幻想と信頼によって成立しています。

みんなが一万円札(諭吉)を見て欲しーと思うのは、その紙切れに一万円の価値があると

みんなで信じてそれを使っているからです。この一万円に対する共同幻想と信頼が無ければ

このお金を利用して交換(売買)、保存(貯蓄)、尺度(円という価値)は成立できません。

なので、物であろうがデータであろうがその対象にお金という共通幻想と価値を

みんなで共有すれば、データでもお金として十分成立します。

しかも、そのデータが不正や偽造をするのに非常に困難な技術を使われているなら

利用価値は非常に高いです。その他にもビットコインはたくさんのメリットがあります。

ビットコインって詐欺なの?

ビットコインは、『仮想通貨』というネーミングにより怪しい、詐欺っぽいというイメージが

付きがちです。こんなにビットコインを推している私も以前は、同じ考えでした。

しかし、詳しく調べていくと完全なる勉強不足が原因でビットコインに負のイメージを

押し付けて大きなチャンスを逃していることに気が付きました。

ビットコインが詐欺や怪しいというイメージの原因は、下記三つだと考えられます。

1.仮想通貨というネーミングにより何も存在していないもののように多くの人は感じる

(ビットコインに対する周りの雰囲気や先入観、一方的なメディア報道を鵜吞みにする)

2.大手仮想通貨取引所による不祥事によるビットコインのセキュリティの懸念

(ビットコインを支えるブロックチェーン技術に問題があった訳ではなくて人為的エラー)

3.圧倒的なビットコインや暗号通貨に対する知識不足

(ブロックチェーン技術について詳しく理解ができていないため)

ブロックチェーン(暗号通貨を支える技術)

ブロックチェーンとは、

ビットコインを成立させている非常に画期的な新しい技術です。

ブロックチェーンを日本語では、『分散型台帳記録』や『分散型ネットワーク技術』と

紹介されることが多く、簡単に言うとデータベースを形成する技術のことです。

ビットコインにおける仕組み説明を簡単にすると、取引データはすべてブロックと呼ばれる

データの塊に記録されます。取引数が増える度にこのブロックが増えそれらがチェーン状に

繋がっているためブロックチェーンと呼ばれています。

じゃー何がブロックチェーンって凄いのよ?

はい、その理由に答えます✋

1.中央集権的な(一つの)管理機関ではないため権限が(無数のブロックにより)

分散されています。その作用によってハッキング等によるリスクに非常に強いのです。

2.不可逆性(再びもとの状態にもどれないこと)です。

ブロックチェーンによるデータベースは、過去に遡ってデータを改竄(かいざん)

することができません。ということは、不正や偽造が全くできないのです。

3.利用者同士が直接コミュニケーションできるシステムのため、

海外送金などにかかる手数料が非常に安価になります。また、送金速度も格段に早いです。

(通常は、銀行などの金融機関を介するので手数料が割高であり送金も日数を要します)

マイニング(採掘)

マイニングとは、

取引の記録であるブロックを新たに生成することです。

このブロックを有志たちに生成を手伝ってもらいブロックが新たに生成できると報酬として

新たなビットコインが発行される仕組みです。このブロック生成には、膨大な計算が必要で

多数のコンピューターをフル稼働させる必要があります。また、莫大な電気代も、、、、。

そのため、ビットコインシステムをハッキングするよりマイニングをして

ビットコインを得ようという思考に誰しもが行き着くようにできている素晴らしい仕組みです。

仮に一時間だけビットコインをハッキングしようとすると

電気代だけで約7000万円($716,072)かかります。

電気代だけでこれだけかかるのでそれをハッキングしようと設備投資したら

一体いくらかかるのかわかりません、、、、、、、。無謀なので諦めやすいでしょう。

なぜビットコインは高騰するの?

なぜかと言うとビットコインのモデルが金であるためです。

金は、有限な資源なので採掘量を増やせばいつかなくなります。

ビットコインも2140年まで2100万枚が発行されるように計算されています。

ということは、ビットコインも金も限りある資源(有限な資源)ということです。

      ↑↑↑ここはかなり重要なところです↑↑↑

金本位制

いきなりなんですが、金本位制って知ってますか?

これは、簡単に言うと国家が貯蔵する金の量に応じて

国家が金地金(きんじがね=金塊)と交換可能な貨幣を発行する制度です。

例 100億円分の金を国が持っていれば、100億円分のお札を発行可能です。

上記が金本位制なんですが、、、、、この制度は、今現在使われておりません。

なので、昔の人は、お金を貯金すれば金本位制度により

金と同じような価値を保有することができたのです。そう、昔の時代の貯金は正しいのです。

管理通貨制度

金本位制に変わって出てきたのが『管理通貨制度』です。

この制度は、かなり危険だと私は思っています。

なぜなら、通貨の発行量をその国の通貨当局(中央銀行)が調整するからです。

この制度になると、円やドルの価値が常に変動するようになるのです。

紙幣として持っているお金の価値が常に変動するため金本位制の時みたいに貯金したままにすると

為替レートの関係や自国、他国が新しいお札を増刷する影響でお札の価値が下がります。

簡単な例 1900年代 バナナ一本買うのに50円 2040年 バナナ一本買うのに3万円

かなり極端な例ではありますが、これがインフレーションです。この逆がデフレです。

インフレーション、デフレーション対策するには?

円やドルの価値が変動する。じゃーどうやって対策を取ればいいんだよ、、、、、。

お金を価値が変動しにくいものに変えればいいじゃないか!!!!!!

そー昔は、金本位制だった。ということは、金の保有量に対してお金の価値が保証されていた。

じゃー金を保有しておけば、様々な影響による安全資産としていいじゃないか!!!!!!

ってことで不景気になるとお金が金購入に流れて金の価格が上昇する☝☝☝

って感じですよ。でも、金の所有って大変なのよ。

重いし持ち運びしづらい、防犯、盗難対策の管理が大変だったり様々あるわけです。

、、、、、、、、、、、!!!!!!!!!!!!!

夢を見るための計算方法

さっき、金をモデルにしたのがビットコインって書いてあったなー、、、、、。

しかも、ビットコインのモデルは金だから、、、、、、、、、

今、金の価格が約1g6900円(2021/1/13)だから、、、、、、、、、、

もし、金と同様の価値まで上がれば、

1ビットコインが6900万円までになる!!!!!!!!!!

金の価格を単純にビットコインに概算するための計算方法

現在の金価格x金の総量(21万t)=金の総価格
金の総価格÷ビットコイン発行総枚数(2100万BTC)=1BTCの価格

って夢みてビットコインを買っている人もいると思います。

ブロックチェーンとマイニングに価値を見い出してこれは将来くるってことで

ビットコインを購入している人もいると思います。

ビットコインの購入方法

ここまでビットコインについて説明してきました。

少しはビットコインに興味が出てきたと思います。出てきてなかったら悲しい、、、、、。

ビットコインを買う方法は暗号通貨取引所で口座を作れば購入できます。

お勧めの取引所リンクを三つ貼っておくので興味が出たら

お好きなところで口座を開いてみてください。

私のお勧め取引所はコインチェックです。

暗号通貨取引所ランキング一位です。また、取引仮想通貨量業界No.1で手数料0%だからです。

コインチェックの口座開設はこちらからです☞ コインチェック

口座を開く上で準備しておいた方がいいもの

  • マイナンバーカードまたは通知カード
  • 身分証明書(運転免許証、パスポート、在留カードなど)
  • 銀行口座番号、支店名(支店コード)、銀行名(銀行コード)

因みに私は、コインチェックとビットフライヤーで口座を開いています

ビットコインは、現在1BTC約360万円(21/1/13)ですが、小数点以下の枚数で

購入可能ですので一万円でも入れて後は、20年後の宝くじみたいにしてもいいかもですね。

追記:1ビットコインの価格は、530万円まで上がってますよー!!!(2/17/2021)

私の失敗談(小噺)

私は、過去に今が投資のチャンス!!!!!

と思ってその時にビットコインや株式を購入しようと試みました

しか~~~~~~し

口座開設はそんな早急にできるわけではなく口座開設後も入金等の手続きを要します。

そのため買うか買わないか分からないけど、少しでも興味があるなと思ったら

先に口座を開いておくことをお勧めいたします。

口座を開くならここです

 コインチェック

去年の三月に起きたコロナショックの投資機会を逃した方なら絶対共感できるはずです(笑)

ビットコインの将来性

ビットコインは否定的な意見が多いけども最初にiPhoneが登場した時も

否定的なコメントが実は多かったのです。

しかし、現在、iPhoneは世界中からの圧倒的な支持と利用率を占めています。

私は、ビットコインはいずれそうなるであろうと思ってビットコインを購入した一人です。

これがギャンブルになるのか、先見の明になるのかはわかりませんが

あの時に少しでも買っておけばー、、、、、ってなりたくなかったので

私は、ビットコイン買っちゃいました。

おわり

追伸

ビットコインを勉強するにあたって読んだ本のリンクを貼っておくので参考程度にみてください。

 
 
 

下記の二つは、専門的なので深く理解を深める気がないなら購入はしない方がいいですよ。

 
 

-お金の話
-, , , , , , , , , , , , ,

© 2021 サミーのブログ Powered by AFFINGER5