芸術

【ドキドキしちゃう】岡本太郎の書って知ってますか?

こんにちは、サミーです。

みなさん、最近、ドキドキしてますか?

私は、あんまりしてないかもしれません。

最近、ドキドキしたことといえば、

全力疾走した時とバーピーを100回した時ぐらいです。

バーピーが分からない人は下記のリンクからどうぞ。

バーピーって何ですか?

 

今日は、私の大好きな岡本太郎さんの

著書とデザインについて書いていきます。

こんなことを言ってますが私は、画家ではありません。

そして、岡本太郎マニアほどの知識も備えていません。

でも、岡本太郎さんが大好きです。なので、

この素敵な方の著書と芸術を紹介いたします。

ドキドキしちゃう 岡本太郎の書

ドキドキしちゃう/岡本太郎

【ドキドキしちゃう/岡本太郎の書】は、岡本太郎さんの書を集めて

1981年に出版された作品集「遊ぶ字」(日本芸術出版社)にて

発表された作品を収録したものです。書とともに岡本太郎さんが

遺した文章を添えています。絵と言葉が両方楽しめるってことですね。

本書の内容について

本書に記載してある文章は、文書というよりは、詩集に近いですね。

なので、簡単に読めます。そして、その横に文字というか絵というか芸術が表示してあります。

凄く素敵な言葉がたくさんあるので少しだけ紹介しますね。

 

少しだけ詩集紹介

【反】

徹底的な対決こそほんとうの協力なのだ。

同調・妥協は何も生み出さないし、不潔である。

私はいつもその筋を貫いてきた。

悪口大いに結構。

猛烈な非難と絶賛と、相反する評価が渦巻く方が

ほんとうだと信じている。

抵抗が強いほどファイトが湧く。それは生きがいだ。

はじめから、結構でございますで

済んでしまうようなものは意味がない。

 

【恥】

うまかったり、まずかったり、きれいだったり、

きたなかったりする、ということに対して、

絶対にうぬぼれたり、また恥じたりすることはない。

あるものが、ありのままに出るということ、

まして、それを自分の力で積極的に押しだして

表現しているならば、

それはけっして恥ずかしいことではないはずだ。

 

【望】

われわれが大体未来といったって、

現時点で考える未来だから、

未来じゃなくて現在なんですよ。

だから、一番ばかばかしいのは、

未来を考えることによって

現在をごまかしているということで、

それは未来でもなければ現在でもない。

だから、現在を充実させて、

現在を徹底的に研究することによって、

そこから自然と未来の問題は

展開していんだと思う。

本書を読んだ感想

本書は、読むというよりは、絵を感じる要素も含まれています。

なので、文字を読んだ後に絵を感じる時間も必要とします。

そして、この詩集は、簡単に読めてしまうのですが、

実際、これを心に留めておくのは難しいです。

そのため、定期的に気晴らしや気分転換に本書を開き芸術と言葉を感じます。

そうすることにより何故かモリモリっと力が湧いてきます。

やっぱり岡本太郎さんの言葉と芸術は力強く何かのエネルギーを

多く発しているのでしょう。不思議なことですが本当です。

本書は、iPhoneSEを2つ並べたぐらいのサイズですので

小さく持ち運びもしやすいです。机に置いても邪魔になりません。

何かふとした時のエネルギー補給に使うといいかもしれませんね。

芸術的な文字?絵?が載っているので新品が美しくておすすめです。

まとめ

また、今日も岡本太郎さんに力をもらえて良かったです。

今朝、単純に筋トレをしたので眠いだけな気もしますが、

眠気覚ましになるような熱い言葉がありさすが、岡本太郎さんって改めて

感じました。彼は、本当に情熱の塊のような人で素敵です。

映像を見ると笑顔が少なく怖い印象ですが、

あれは、病気で笑顔が作れなくなっているのであって

彼自身、笑顔でいることが素敵、笑顔が大事のような言葉も

たくさん残しています。そのため、岡本太郎さんは怖い人ではありません。

心優しい人間愛に溢れた方で世界中を芸術によって包んで亡くなられました。

本当に素敵な生き方だなと思います。彼の意志を少しでも後世に伝えていきたいですね。

 

お わ り

-芸術
-, , , ,

© 2021 サミーのブログ Powered by AFFINGER5